風俗営業・古物営業許可

風俗営業許可

キャバクラ、麻雀店、パチンコ店等風俗営業を営む為には、通称「風営適正化法」により、公安委員会の許可が必要になります。 また、性風俗特殊営業や深夜に酒類を提供する店を営む場合、公安委員会への届出が義務付けられています。
風俗営業には営業形態に応じた許可や届出があり、その基準も厳しく定められており、煩雑な法律手続や届出書類が必要となります。

ところさわ行政書士事務所は所沢盃横丁、新所沢駅周辺、小手指、東村山、志木、川越等の地域で多くの実績があります。

風俗営業における接待行為

接待とは法律上では「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」としています。 具体的には特定の客の近くに侍り継続して談笑の相手となったり、客と身体を密着させ手を握る等客の身体に接触したりする行為等がこれに該当します。 このような接待行為を伴う営業が常態の場合風俗営業許可が必要となります。

風俗営業許可の種類

接待とは法律上では「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」としています。 具体的には特定の客の近くに侍り継続して談笑の相手となったり、客と身体を密着させ手を握る等客の身体に接触したりする行為等がこれに該当します。 このような接待行為を伴う営業が常態の場合風俗営業許可が必要となります。

接待飲食営業

1号
キャバレー等
2号
社交飲食店、クラブ等
3号
ナイトクラブ、ディスコ等
4号
ダンスホール等
5号
低照度飲食店:喫茶店、バー等で照度10ルクス以下として営業するもの
6号
区画席飲食店:他から見通し困難で広さ5㎡以下の客席で営業するもの

遊技場営業

7号
まあじゃん店、パチンコ店
8号
ゲームセンター

性風俗店・深夜酒類提供飲食店の届け出

■無店舗型性風俗特殊営業出
無店舗型性風俗店(デリヘル)の営業を行うには公安委員会への届出が必要です。無店舗型ですが事務所と待機所が必要です。どちらも所有者の使用承諾等が必要です。性質上、不可の共同住宅が多いので営業をお考えの方はご相談下さい。当事務所で使用可能な共同住宅を紹介することも可能です。

■深夜における酒類提供飲食店届出
酒類提供飲食店とは、設備を設けて客に飲食させる営業のうち、バー、酒場その他客に酒類を提供して営む営業で、営業の常態として通常主食と認められる食事を提供して営むものを除いた営業のことです。0時以降営業する場合は図面等を添えて10日前までに届出が必要です。

風俗営業許可の要件

①人的要件
・心身の故障により適正に業務実施ができない者
・破産者で復権を得ない者
・1年以上の懲役若しくは禁錮の刑に処せられ、又は一定の法律で1年未満の懲役若しくは罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から 5年を経過しない者
・集団的、常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者
・アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚醒剤の中毒者
・風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
・法人の役員、法定代理人が上記の事項に該当するとき

②構造設備要件
・客室内の明るさ、見通しを妨げる設備、騒音等の詳細な条件があります。
※柱、間仕切り、吊り下げ物、棚、椅子など見通しには注意が必要です。
【客室内構造設備の注意点】
1.間仕切り、カウンター、柱、棚、椅子、観葉植物、水槽などの見通し基準。
2.どの範囲を客室にするのか。
3.客室床面積と棚、間仕切りなどの面積の関係
4.吊り下げモニター、スピーカー、シャンデリア照明の見通し基準

③場所的要件
・営業所から一定の範囲内に学校等保全対象施設があると許可が下りません。
・住宅地等、営業が相応しくない地域では営業が出来ません。

風俗営業許可取得までの流れ(1号営業社交飲食店の主なケース)

STEP①
お問い合わせ

当事務所にまずはお問い合わせください。お電話または、メールフォームにて受け付ております。
Tel.04-2937-7610
受付時間9:00~20:00 土日対応可能

STEP②
事前打ち合わせ(事務所又は申請予定物件)


STEP③
人的要件・場所的要件の精査、構造設備要件の指導


STEP④
内装工事(居抜きの場合でも改装が必要な場合があります)


STEP⑤
店舗測量、構造の確認


STEP⑥
飲食店営業許可申請、書類作成


STEP⑦
風俗営業許可申請(管轄の警察署)


STEP⑧
浄化協会による店舗検査(申請から約1ヶ月後)及び最終補正


STEP⑨
許可により営業開始(申請から約2ヶ月)



※所轄警察により営業開始後、一定期間内に立入調査がある場合があります。

許可後の留意事項

・従業員名簿の整備(証明書類の添付、退職後の保管も必要です)
・客引きについての指導(違反をすると処分対象になります)
・変更が生じた場合の届出
(各変更には届出期日又は事前に申請が必要なものもありますので注意が必要です)

古物営業許可

古物の取引(売買、交換、レンタル)を業として行う場合、管轄の警察署へ古物商許可申請を行う必要があります。2020年4月から各都道府県毎の許可でなく主たる営業所管轄の申請で全国対応出来るようになりました。
許可を受けた営業所は、古物営業の管理者を常駐させ、古物台帳作成、古物商プレートの掲示が義務づけられます。

ところさわ行政書士事務所では許可申請のみでなく、許可が必要かどうかのお問い合わせも可能です。

古物とは

古物に関しては、古物営業法という法律によってルールが定められています。
①一度使用された物品
②使用されない商品で、使用のために取引されたもの
③これらいずれか物品に「なんらかの手入れ」をしたもの
一度でも使用されていたり、たとえ未使用品であったとしても売買されたなどの取引歴があると、それは「古物」となります。
あなたがなにかしらの物品をお店から購入し、それを使用しなかったとしても「古物」となってしまいますのでご注意ください。

古物商許可申請の流れ

STEP①
お問い合わせ

当事務所にまずはお問い合わせください。お電話または、メールフォームにて受け付ております。
Tel.04-2937-7610
受付時間9:00~20:00 土日対応可能

STEP②
古物商許可の申請サービスの内容に納得していただいたのち、正式にご依頼ください 。

電話やメールにて、当事務所の古物商許可申請代行サービスの内容、料金設定などを改めて説明させていただき、料金のお支払いが完了し、確認いたしましたら業務に着手いたします。
※後払いでも結構です(古物商許可申請手数料は原則先にいただきます)

STEP③
管轄警察署との打ち合わせ(当事務所)

お客様の古物商許可申請取得にあたり、当事務所が該当の都道府県の管轄の警察署との打ち合わせを代行いたします。

STEP④
管轄警察署との打ち合わせ(当事務所)

お客様からいただいた情報をもとに、当事務所が古物商許可を取得するために必要な添付書類の収集、申請書の作成を行います。

STEP⑤
完成した申請書類を警察署に提出(お客様or当事務所)

お客様からいただいた情報をもとに、当事務所が古物商許可を取得するために必要な添付書類の収集、申請書の作成を行います。

STEP⑥
古物許可証を受け取ります。(お客様)

警察署にて古物商許可証を受け取ります。ご希望であれば、古物商の営業プレートもこちらでご用意させていただきますので、その旨お知らせください。

STEP⑦
完了です!

いよいよ古物営業開始です。

風俗営業許可・古物商許可取得費用(報酬)


法定手数料、報酬については「ところさわ行政書士事務所費用・報酬」ページをご確認下さい。