埼玉県所沢市の行政書士事務所。所沢を拠点に主に東京都、埼玉県で行政書士業務を行います。
埼玉県所沢市の栗田行政書士事務所
ホーム 初めての方へ サービス概要 料金 リンク 事務所概要 お問い合わせ
 

風俗営業許可

キャバクラ、麻雀店、パチンコ店等風俗営業を営む為には、通称「風営適正化法」により、公安委員会の許可が必要になります。 また、性風俗特殊営業や深夜に酒類を提供する店を営む場合、公安委員会への届出が義務付けられています。
風俗営業には営業形態に応じた許可や届出があり、その基準も厳しく定められており、煩雑な法律手続や届出書類が必要となります。

風俗営業における接待行為

接待とは法律上では「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」としています。 具体的には特定の客の近くに侍り継続して談笑の相手となったり、客と身体を密着させ手を握る等客の身体に接触したりする行為等がこれに該当します。 このような接待行為を伴う営業が常態の場合風俗営業許可が必要となります。

■風俗営業の種類

【接待飲食営業】 1号 キャバレー等
2号 社交飲食店、クラブ等
3号 ナイトクラブ、ディスコ等
4号 ダンスホール等
5号 低照度飲食店:喫茶店、バー等で照度10ルクス以下として営業するもの
6号 区画席飲食店:他から見通し困難で広さ5㎡以下の客席で営業するもの
【遊技場営業】 7号 まあじゃん店、パチンコ店
8号 ゲームセンター


■風俗営業許可の要件

①人的要件
・成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ない者
・1年以上の懲役若しくは禁錮の刑に処せられ、又は一定の法律で1年未満の懲役若しく は罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から 5年を経過しない者
・集団的、常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある者
・アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚醒剤の中毒者
・風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者 ・法人の役員、法定代理人が上記の事項に該当するとき

②構造設備要件
・客室内の明るさ、見通しを妨げる設備、騒音等の詳細な条件があります。  

③場所的要件
・営業所から一定の範囲内に学校等保護対象施設があると許可が下りません。
・住宅地等、営業が相応しくない地域では営業が出来ません。  

 

■申請までの流れ 
例:社交飲食店(物件が決まっているケース)

①事前打ち合わせ(事務所ではなく申請予定物件で行う)     
②人的要件・場所的要件の精査、構造設備要件の指導
③内装工事
④店舗測量、構造の確認
⑤飲食店営業許可申請、書類作成
⑥風俗営業許可申請
⑦浄化協会による店舗検査
⑧許可により営業開始

■許可後の留意事項
・従業員名簿の整備  
・客引きについての指導  
・変更が生じた場合の届出

【性風俗店、深夜酒類提供飲食店の届出】

■無店舗型性風俗店届出
無店舗型性風俗店(デリヘル)の営業を行うには公安委員会への届出が必要です。無店舗型ですが事務所と待機所が必要です。どちらも所有者の使用承諾等が必要です。性質上、不可の共同住宅が多いので営業をお考えの方はご相談下さい。当センターで使用可能な共同住宅を紹介致します。

■深夜酒類提供飲食店届出
酒類提供飲食店とは、設備を設けて客に飲食させる営業のうち、バー、酒場その他客に酒類を提供して営む営業で、営業の常態として通常主食と認められる食事を提供して営むものを除いた営業のことです。0時以降営業する場合は図面等を添えて10日前までに届出が必要です。

■詳しくは専門サイトもご参考にして下さい。所沢風俗営業許可代行センター